ケア プロスト

ケアプロストの特徴や購入方法

ケアプロスト

ケアプロストは医薬品のまつ毛用育毛剤です。有名なまつ毛育毛剤のルミガンのジェネリックでもあります。

 

育毛効果としては、臨床試験で、まつ毛の長さ、密度がアップしたという結果が80%の方に感じられたという結果が出ていることなど、まつげの育毛に取り組む方にとって注目度が高いまつ毛育毛の一つです。

 

こちらではケアプロストの特徴、成分や、なぜ効果が期待できるのか、さらに購入方法などをご紹介しています。
まつげの育毛に興味がある方はチェックしてみてくださいね。

 

ケアプロストに期待できる効果や成分について

ケアプロストは美容液ではなく、医薬品として一定の効果が期待できる育毛剤です。
アメリカで認可を受けたジェネリック医薬品で、安心して使える点などが評判です。

 

ケアプロストのまつ毛育毛の仕組みとしては、まつ毛の細胞を活性化させ、まつ毛の生え変わりである毛周期に応じて太くしっかりとしたまつ毛を生やすのに働きかけます。

 

ケアプロストの成分「ビマトプロスト」はアメリカの厚生労働省のような政府機関「FDA」での審査にクリアしている薬でもあり、一定の効果や安全性などが認められています。

 

ケアプロストとルミガンの違い

上述していますが、ケアプロストはルミガンのジェネリックですので、内容はほとんど同じと言えます。
また、美容外科や眼科などでのまつ毛育毛の治療を行う場合、多くが、ルミガンやラティース、グラッシュビスタを使用している病院が多いですが、この育毛剤にもビマトプロストが配合、主成分としており、ケアプロストは、そのジェネリック薬品として流通しているまつ毛育毛剤です。

 

ルミガンなどを美容外科などで治療として受けた場合と比べて、セルフケアで行いながら、ルミガンと同等の効果が期待できるため、コスパが良いため、話題となりました。

 

ケアプロストは二重まぶたになれる?

ケアプロストに含まれる成分「ビマトプロスト」は緑内障の治療に用いられてきた成分でもあり、眼圧を下げる効果があるとされており、この作用はまぶたをやわらかくして二重になるという副作用が報告されているため、ケアプロストを使うと二重になれるという評判が広がりました。

 

ケアプロストの使い方

1日1回を約2カ月間続けることで、自分のまつ毛を活かしながら、育毛に取り組めます。
洗顔後の上まつ毛の生え際に塗ります。

 

まぶたなどに付着したまま放置してしまうと色素沈着が起こる可能性があると報告されています。

 

そのため、使用時には、保湿クリームやワセリンをまぶたに塗って、ガードし、使用後に拭き取ることで予防が出来ます。
また、クリームを使用しない場合にはティッシュやコットンで拭き取りましょう。

 

ケアプロストの購入方法

ケアプロストは医薬品で第1類医薬品に分類されています。
そのため、第1類医薬品が取り扱える医薬品専門の通販サイトなどで購入が可能です。
また、個人輸入代行のショップなどでも注文可能となっています。

 

私達に身近なアマゾンや楽天などでは現在、商品として扱っていません。

 

 

ケアプロストをお試しした方は約2〜3カ月くらいで、まつ毛の生え変わりと共に、量や太さに違いを感じるようになったという方が多いです。
ただ、塗り始めにまつ毛が抜けるといった方もいるようですので、セルフケアでの使用が不安な場合には眼科や美容外科での施術が安心ですね。



page top